修正申告と所得税のいろは

修正申告と所得税がどのようなものか話します!

所得税の使い道と給付金の修正

最近、高額所得であるが故に庶民の感覚とずれていたり、漢字が読めなかったり、問題発言になりかねないようなことをしていたりとその存在がすっかり薄くなってしまっているのが麻生内閣発足から最も注目を浴びるはずの2兆円の予算を組んで取り組んでいる定額給付金の配布です。

この予算である国税はどこから集まってきているものでしょう。
勿論私たちの所得税も入っていることは間違いないことです。

今の時期、所得の差に応じて配布したいのであれば、年末調整時に修正できるようにしておけばよかったのではないだろうかと思うのは私だけでしょうか。
いつもはわずらわしい年末調整ではありますが、皆さん、納付した所得税を少しでも返還してもらいたいから文句をいいながらも提出しているのです。

ですから、各市区町村が所得に応じて配布をどうするのか考えるとき、所得調査する作業がわずらわしいと感じているから所得の差に関係なく配布しようとしているのですから、その所得調査の作業を個々がすればよかったのではないでしょうかね。

私のような個人が考え付くのですから、勿論国会において所得調査すると言う低レベルな考えは考え付かないはずはないと思うのですが、沢山あるだろう提案された所得調査の方法とその却下されている理由について知りたいものですね。

所得税を正しく納税しているものにとって、これは知る権利があると思うのですが、皆さんどうでしょうか。
また、低所得の方などを救済するべくして提案されているこの給付金、出来ることなら高額な所得の方は給付金を受け取る考えを修正して是非とも変換してもらいたいです。
高額所得の方が給付金の受け取りを拒否すれば、私たちの所得税は、より景気低迷の世の中の救済に使用してもらえるのではないでしょうか。

所得税万歳!所得税を納付していてよかったと喜んで頂きたいですね。

RSS 2.0 | Trackback | Comment

Comments are closed.