修正申告と所得税のいろは

修正申告と所得税がどのようなものか話します!

修正申告とe-Tax

確定申告の期限が過ぎましたが、皆さんは期限内に必要書類の提出・納税をすることが出来ましたか?
申告期間中は、期限内に提出することに必死になっているものですが、いざ申告・納税が済んでみると気付くのが、納税額の間違え。これが結構多いのです。所得税を多く納め過ぎているのであれば、更正の請求をする必要があります。
所得税を少なく申告・納税しているのであれば、すぐに修正するべきでしょう。修正申告は、早くしんこく報告・納税しないと、過少申告加算税を課せられる可能性があるからです。2009年分の所得税の更正の請求が出来る期限は、法定申告期限から1年。(今回の確定申告での場合は、確定申告の期限が2010年3月15日。従って、更正の請求が出来る期限は、2011年3月15日までとなります。)
所得税の修正申告は更正の請求のような期限はありませんが、過少申告しているということから、気持ち的に後ろめたいところがあるでしょうし、やはり早めの修正申告を済ませたほうが精神的にもいいでしょう。個人事業主の中には、確定申告をe-Taxで済ませたという方、いらっしゃいますよね。
e-Tax
は結構難しいので、パソコンの扱いに慣れている人でも難しいと感じている人は多いそうです。
そしてさらに所得税の修正申告をe-Taxで行おうとすると・・・・
かなり難しいというのが多くの意見のようです。税務署で直接修正申告のやり方について聞くには、出向く時間がないという方は、電話窓口でe-Taxでの修正申告のやり方を指導してもらえるようですので、興味のある方は一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。 

RSS 2.0 | Trackback | Comment

Comments are closed.