修正申告と所得税のいろは

修正申告と所得税がどのようなものか話します!

修正申告をしない為にも・・・

悪質な脱税のニュースなども後を絶ちません。
所得を隠したり、脱税のニュースなどその金額には驚かされます。

修正申告とは、納めた税金が少ない事に気付きそして税務署長へその納税額を訂正する事を修正申告と言います。
所得税の納税が漏れている事に気付き、訂正をしなくてはなりません。
このような場合に訂正する方法を、修正申告と呼びます。

この修正申告を行う際には、加算税や延滞税などを支払わなくてはなりません。
ですが、この両方を支払わなくてはならないのは税務調査で判明した時です。
税務調査が入る前に、分かった場合には延滞税のみが課せられる事になっています。
申告済みの税額が、少ないと気が付いた時には早急に手続きを取る方が良いと言う事なんですよね。
加算税は、修正不足となっていた税金の10%~15%くらいだと言われています。
早めに気付くと延滞税のみなので注意しておきましょう。

このような納税ミスを無くすためにも、確定申告書を作る際には十分に時間をかけて制作をするようにしてくださいね。
また、確定申告でうっかりミスなども無いようにしましょう。
折角、節税をしてきたのに確定申告でミスだらけだと加算税を取られてしまっては何の意味もなくなってしまいますよね。

税金の知識をしっかりと身につけ、そして税務処理はミスのないように申告をするという事を覚えておきましょう。
出来れば、修正申告はしたくないですからね。
正しい税務処理をして、修正申告をしないようにしましょう。

RSS 2.0 | Trackback | Comment

Comments are closed.