修正申告と所得税のいろは

修正申告と所得税がどのようなものか話します!

修正申告をしない為にも・・・

悪質な脱税のニュースなども後を絶ちません。
所得を隠したり、脱税のニュースなどその金額には驚かされます。
修正申告とは、納めた税金が少ない事に気付きそして税務署長へその納税額を訂正する事を修正申告と言います。
所得税の納税が漏れている事に気付き、訂正をしなくてはなりません。
このような場合に訂正する方法を、修正申告と呼びます。
この修正申告を行う際には、加算税や延滞税などを支払わなくてはなりません。
ですが、この両方を支払わなくてはならないのは税務調査で判明した時です。
税務調査が入る前に、分かった場合には延滞税のみが課せられる事になっています。
申告済みの税額が、少ないと気が付いた時には早急に手続きを取る方が良いと言う事なんですよね。
加算税は、修正不足となっていた税金の10%~15%くらいだと言われています。
早めに気付くと延滞税のみなので注意しておきましょう。
このような納税ミスを無くすためにも、確定申告書を作る際には十分に時間をかけて制作をするようにしてくださいね。
また、確定申告でうっかりミスなども無いようにしましょう。
折角、節税をしてきたのに確定申告でミスだらけだと加算税を取られてしまっては何の意味もなくなってしまいますよね。
税金の知識をしっかりと身につけ、そして税務処理はミスのないように申告をするという事を覚えておきましょう。
出来れば、修正申告はしたくないですからね。
正しい税務処理をして、修正申告をしないようにしましょう。

Read the rest of 修正申告をしない為にも・・・

読売新聞の修正申告

今月1日トップニュースの一つになったのが、読売新聞東京本社の所得隠し。
東京協国税局の税務調査で、2008年3月期までの7年間におよそ1億円の所得を隠していたと指摘されたのです。
所得隠しの内容は、取材費の一部が社員同士の飲食費だったこと。
他に経理ミスなどから申告漏れの総額は、約2億7000万円になると見られ、追徴課税課税額はおよそ9800万円(重加算税を含む)に及ぶそうです。
この飲食費を取材費の一部に計上していた部分は、税務上損金算入できない交際費として税処理するところを取材費として処理していることなどが悪質な所得隠しに当たるとされたのではないでしょうか。
読売新聞東京本社広報部は国税局の指摘通り追徴課税額全額を納付するとコメントしています。
このことからも、読売新聞社は修正申告をしているものと考えられます。
修正した後はコメント通り、適正な税務処理と納税に努めていってほしいものです。
さて、確定申告へ向けてそろそろ本格的に下準備に取り掛かり始めないといけない季節に来ています。
「え?終わったばかりじゃない?」
と思われる方、多いかもしれませんが、もう上半期は終わるのです。
日頃から正しい税務処理を行っていることこそ、修正につながらないための最も大切なこと。
修正申告なんて出来れば一生知らずに終わりたいですよね。
人間だれでも間違えはあるので、修正せずに終わる人はそうそういなでしょうが、「修正申告のことについて、聞いたことはあったけど、実際に修正したことはない」
とひそかに自慢できるような税務処理を行って税の達人にいこうではありませんか。

Read the rest of 読売新聞の修正申告

所得税の修正申告の期限は?

皆さん、確定申告は正しく出来ていましたか?
納付すべき所得税を確定して、納付してから「所得税額間違っていた!!」って気付く人、少なくはないと思います。
だって人間ですから。
収めるべき税が過大となる場合には、更正の請求を。
収めるべき税が過少となる場合は修正申告を行う必要があります。
修正申告には、基本的に税に関する時効が成立するまで、期限はありません。
従って、所得税の過少申告をしていた場合には、気付いた時点で即座に申告および納税することが出来るのです。
これを怠って自主的に所得税の修正申告しないでいると、税務調査などが入って、税務署長が行う更正や決定によって加算税や延滞税、悪質になると十加算税が課せられる可能性があります。
所得税は正しく申告、万が一間違った所得税額を納付していたなら、すぐに訂正するために更正の請求もしくは、修正の準備に取り掛かかり、正しい納税額で収めてください。
所得税額の修正の場合は、前述の通り、過少であった場合には無期限で修正できますが、更正の請求の場合は、確定申告の期限から1年以内に正しい額に訂正を求める必要があります。
ところで、手軽に税務調査や税について知識を深めることの出来る「税務調査官窓際太郎の事件簿⑭」が放送される予定でしたが、WBCの準決勝で日本がついにアメリカを下したことにより、特番が組まれ、残念ながら放送されませんでした。
次回はいつ放送されるのかは分かりませんが、そのとき、皆さんも敬遠しがちな税のことをはじめ、税務調査について面白おかしく知ることが出来ると思いますので、是非見てみてください。

Read the rest of 所得税の修正申告の期限は?

税務調査と税の達人

9月と言えば、税務調査の季節と言ってもいいでしょう。
税務調査=修正申告がつきものになってきますが、この時期になると、以前税務署から『クロ』と判断され、加算税などを納付されたような納税者の方々は電話に敏感になっているかもしれませんね。
ポジティブシンキングな方では、
「気が引き締まるから、ぜひ来てほしい」
とおっしゃる方もいるそうです。
うらやましい限りですね。
きっと節税の対策もバッチリされてるんでしょうね。
税の達人ともなるとこういった余裕すらあるのでしょう。
「私はサラリーマンだから所得税を納付しているし、その所得税の納付も会社がしてくれているし問題ない」
なんて思っていても、確かに所得税の納付だけでは関係ありませんが、その会社に税務調査が入れば、あなたも税務調査や修正申告に十分に関与してくる可能性がありますよ。
また、サラリーマンでも副業をしていたり、高額所得になってくれば、申告が必要になってきます。
申告するほどの所得を得てみたいものですよね。
そういった意味でも、秋は所得税や修正申告を含め、税に対する気持ちを引き締めて仕事をすべき時期なのかもしれませんね。

Read the rest of 税務調査と税の達人